AR Photoplay はAR(拡張現実)の技術を利用したムービーアルバムのアプリです。

App Store からインストールして iPhone で利用できます。

AR Photoplay を作ろうと思ったわけ

私たちは人生の思い出に残るシーンを写真に撮って、それを部屋に飾ったり、アルバムにしたりしますよね。
でも、動画は写真と違って現実世界に飾ることはできません。

もしも動画を 写真と同じように飾ることができれば、思い出のシーンはとても詳細かつ色あせることなく残り続けると思うんです。

それを可能にするために、AR Photoplay というアプリを作りました。
AR Photoplay は 人生の大切な記憶を、写真よりも鮮明に、動画よりも身近な形で残します。

AR Photoplay でできること

— ARムービーを見る —
AR技術により、現実世界のフォトはiPhoneのAR空間ではムービーとして見えます。
iPhoneをフォトにかざすだけでフォトの位置にムービーが再生され、すぐにARムービーを楽しむことができます。
AR Photoplay は人生のワンシーンを、写真のように身近な形で、動画のように鮮明に記録します。

— フォト印刷 —
AR Photoplay は記録したARムービーを フォトとして印刷することができます。
AirPrint機能のあるプリンターをお持ちでしたら、印刷はとても簡単です。(もしAirPrint機能がない場合でも、おそらくPC接続やBluetooth接続で印刷できるでしょう。)
印刷したフォトは壁に飾ったり、アルバムにしまったりするなど、通常の写真と同じように扱ってください。

— ARムービーの録画 —
AR Photoplay はARムービーを撮影することができます。
面白いことに、撮影の際に縦と横の大きさを選ぶことができます。縦長や横長の動画だけでなく、ポートレート写真のような正方形の動画もOKです。
また、セルフィーにも対応しています。

— 既存ムービーの取り込み —
他のアプリで撮影したムービーやライブフォトを AR Photoplay に取り込むことも可能です。

— その他の機能 —
• ポートフォリオ(アルバム)の管理
• ムービーの編集(トリミング)
• フォト/ムービーの共有

AR Photoplay を始める

AR Photoplay を App Store からインストールしましょう。

対応端末

  • iPhone 6S 以降の端末 (6S / 6S Plus / 7 / 7 Plus / 8 / 8 Plus / X / XR / XS / XS Max)
  • iOS 12.2 以上

推奨プリンター

AR Photoplay の利用には、フォトを印刷するためのプリンターが別途必要になります。
AirPrint に対応したプリンターを利用するのが最も簡単なのでオススメです。最近のプリンターであればほとんどの機種が対応していると思います。

もしもお持ちのプリンターがAirPrintに対応していない場合でも、ほとんどの場合はパソコンを経由することで印刷できるはずです。

ちなみに、hahnah (AR Photoplay の開発者)は Canonの SELPHY CP1300 というプリンターを使っています。
フォトプリント専用のコンパクトプリンターで、小さいのに高画質でとても使い勝手がいいです。もちろんAirPrintに対応しています。

カテゴリー: Release

hahnah

hahnah

はーな [hάːnə] Webアプリとモバイルアプリの開発をしてる。 Elm, Swift が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。