iOS で印刷する機能を実装する方法について紹介する。

AirPrint とは

iOS や MacOS には、AirPrint という印刷の機能が備わっており、Wi-Fi 経由でプリンターへ印刷命令を出すことが出来る。
利用するには以下の易しい条件が満たされていれば良い。

  • 端末のOSが iOS 4.2 以降、もしくは Mac OS X Lion 以降であること
  • プリンターが AirPrint に対応していること (最近ではかなりのプリンターが対応している; AirPrint 対応機種一覧)
  • iOS/MacOS 端末とプリンターが同一の LAN 内にあること

AirPrint で印刷する機能を実装する

UIPrintInteractionControllerクラスを用いて AirPrint で印刷する機能を実装できる。

let printController = UIPrintInteractionController.shared

let printInfo = UIPrintInfo(dictionary:nil)
printInfo.outputType = UIPrintInfoOutputType.general
printInfo.jobName = "Print Job"
printInfo.orientation = .portrait

// 印刷ページの設定
printController.printInfo = printInfo
// 印刷対象の設定
printController.printingItem = self.printingImage

// 印刷ページへ画面遷移させる
printController.present(animated: true, completionHandler: nil)

UIPrintInteractionControllerによって表示される印刷ページは次の様になっている。

airprint-sample

右上のPrintボタンをタップすると印刷がされる。
また、このページでは次のような設定も選べるようになっている

  • 利用するプリンターの選択
  • 印刷部数
  • その他オプション(モノクロ印刷や、ホッチキス留めなど)

コード全体

GitHubにも置いておいた。

ViewController.swift

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    var printingImage: UIImage?

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        // 画像を表示。この画像を印刷したい
        self.printingImage = UIImage(named: "sampleImage.png")
        let imageView: UIImageView = UIImageView(image: self.printingImage)
        let imageAspect: CGFloat = (self.printingImage?.size.height)! / (self.printingImage?.size.width)!
        imageView.frame = CGRect(x: self.view.bounds.width * 0.05, y: self.view.bounds.height * 0.1, width: self.view.bounds.width * 0.9, height: self.view.bounds.width * 0.9 * imageAspect)
        self.view.addSubview(imageView)

        // 印刷ページへ遷移するためのボタン
        let printButton: UIButton = UIButton(frame: CGRect(x: 0, y: 0, width: 200, height: 60))
        printButton.center = CGPoint(x: self.view.center.x, y: self.view.bounds.height * 0.9)
        printButton.tintColor = UIColor.white
        printButton.backgroundColor = UIColor.blue
        printButton.setTitle("PRINT", for: .normal)
        printButton.addTarget(self, action: #selector(self.showPrinterView(_:)), for: .touchUpInside)
        self.view.addSubview(printButton)
    }

    // 印刷ページを表示する
    @objc func showPrinterView(_ sender: UIButton) -> Void {
        let printController = UIPrintInteractionController.shared

        let printInfo = UIPrintInfo(dictionary:nil)
        printInfo.outputType = UIPrintInfoOutputType.general
        printInfo.jobName = "Print Job"
        printInfo.orientation = .portrait

        printController.printInfo = printInfo
        printController.printingItem = self.printingImage

        printController.present(animated: true, completionHandler: nil)
    }

}

補足: シミュレーターについて

AirPrint 対応のプリンターを持っていない場合でも、プリンターのシミュレーターで動作確認することが可能だ。
導入方法は こちらの記事 を参照。

参考

カテゴリー: Tips

Hahnah

Hahnah

Hahnah. NOT Hannah. Elm, Swift を好む。ARとかも好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。